2017年7月3日月曜日

オーストラリアの家の価格は異常だ。


オーストラリアは家の価格が下がることがないので、家を購入することは
将来のための大切な財産。

家族の状況で家を購入することが今までは普通だった。

結婚して子供ができたら、でっかい庭のあるでっかい家を買って
子供が巣立ってリタイア生活では、小さい家に住み替えて

家を売った利益はリタイアメントの一部の資産になるし
リタイアメントホームを購入するための資金にしたり。。など


それがどうでしょう。。今は家を買うことが非常に難しくなって来た。

価格が高すぎる。

私達が家を買ったのは10年前で。

その頃にはもう家の価格が上昇して来ていたので
私達が買いたかったエリアはもう手が届かなかったから
その外の外のエリアを探すしかなかった。

その頃はこのエリアは貧乏ではっきり言って買いたくなかった。

でもしょうがない。

それに一戸建てではなく、ユニット。長屋みたいな感じ。

一戸建ての敷地がこちらは結構広いんですが、その同じ敷地に家が四棟。
小さい庭があってガレージが2台分あるので私達には満足。

とにかくでっかいローンは避けたかったのです。
その頃でも、
あー高いなーって思っていたのに、

今ではこのエリア、購入するのが難しくなって来たし。

同僚にはこのエリアはもう高すぎて買えないよーって言われる。

Median価格でこちらは表示されます。真ん中の値段という意味。
家が100その月に売れたとして、一番安い家の値段から高い値段で
真ん中の家の値段がMedian

私達が家を探していた頃は$300、000あれば一戸建てが買えたと思うけど
今はMedian Priceが$887,000。(1ドル86円と計算して、7千6百万)6月の統計。ユニットでさえ$456、000。

どうなってるのー。


ANZ 銀行で典型的なローンの支払いを計算して見ました。
     4.50%   30年で月の支払いが    $4495 =388000円。
2016年、平均収入が670万。(ちょっとびっくり。。そんなにいいのー)

みんなどうやって払っているんだろう。
うちは共働きだけども、それでも無理。

だからこのエリアは雰囲気が変わって来ました。貧乏クサーからだんだんよくなって来た。おしゃれなカフェもできたし。

こんな高い家はほとんどの人には買えないと思います。
だから郊外に新しい家を購入する人が多い。
郊外だったら$300,000で4ベッドルームの家が買える。でも通勤に一時間以上かかるのが普通。それも高速を使って。
こちらは公共交通機関が発達していないから電車だったたらもっと時間がかかる。


オージーは土地付きにこだわる。だから郊外、郊外にと広がっている。

でもだんだんとアパートメントが増えて来ている。これを嫌がる人が多いが
人口が増え続けているこの状況ではアパートメントをどんどん増やして
いくしかないと思う。

でっかい庭がある家は金持ちだけのものになると思うけども
それはしょうがない。

私は通勤に一時間以上もかけてヘトヘトなんてまっぴら。

もし宝くじが当たったらペントハウスに住みたい。




オーストラリアに住むと決めてから、
あーもしかしてでっかい家、広〜い庭に住めるかと思っていたけども
ちょっと無理でした。無理をしたら実現できたけども
ローンの支払いを心配して、お金、お金ってなる生活よりも
自分の身の丈にあった物件で生活を楽しみたい。

オーストラリアもなんだか物、物、物って
日本みたくなって来てしまっているから、それがちょっと残念。

生活は便利でおしゃれな物が多くなって来たけども

生活の質は落ちてきたような気がする。

以前は大学に行く年齢になれば家を出てシェアハウスで生活する人が
多かったけれども、今は実家から通う人が増加中。家を借りるのも高くなってきていて
大変らしいのです。


一番住みやすい都市らしいけどもメルボルン生活も大変だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









0 件のコメント:

コメントを投稿